北陸新幹線が大阪まで全線開業すると、北陸・信越、関西圏、中京圏、首都圏が新幹線のネットワークでつながり、世界的な経済・文化圏となる「大ゴールデン回廊」が創出されます。
北陸新幹線の早期全線開業は、北陸と関西だけでなく日本全体の飛躍・発展につながります。
敦賀・大阪間については、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおいて平成29年3月までに、小浜市附近を通り、まっすぐ京都駅へ向かう「小浜京都ルート」及び京都府南部を経由する「南回り」ルート」に決定され、 現在、駅・ルートの詳細調査などが進められています。
北陸新幹線の早期全線開業は北陸と関西だけでなく日本全体の飛躍・発展につながることから、平成42年度末頃までの大阪開業を実現するために、関係機関に対し、 早期着工のための環境アセスメント調査等の実施、必要な整備財源の確保などを強く求めていくこととしています。
また、併せて、旅客流動が多く、経済面など結びつきも強い中京圏への利便性が確保されるよう強く働きかけていきます。