環境問題への対応も21世紀の交通体系を考えるうえで重要です。新幹線は他の交通機関と比較して、地球温暖化や大気汚染の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない乗り物です。地球環境にやさしく、投資効果の高い、安全、確実な大量高速交通機関としての新幹線へのシフトは世界的傾向です。
●1人を1km運ぶ時に排出する二酸化炭素の比較(新幹線を100とする)