年 月 主なできごと
昭和42年12月 北回り新幹線建設促進同盟会結成
(昭和47年7月 北陸新幹線建設促進同盟会」に名称変更)
昭和45年 5月 全国新幹線鉄道整備法公布
昭和47年 6月 基本計画決定
昭和48年11月 整備計画決定及び建設の指示
昭和57年 3月 高崎・小松間環境影響評価実施のための駅・ルート概要公表
昭和60年 1月 小松・芦原温泉間環境影響評価実施のための駅・ルート概要公表
昭和60年12月 高崎・小松間の工事実施計画認可申請
昭和61年 3月 長野、富山及び金沢の三駅において北陸新幹線駅周辺環境整備事業着手/td>
昭和62年 2月 芦原温泉・南越間環境影響評価実施のための駅・ルート概要公表
昭和63年 8月 政府・与党申合せ(着工優先区間などを決定)
平成 元年 6月 高崎・軽井沢間認可(フル規格)
平成 元年 8月 高崎・軽井沢間着工(フル規格)
平成 2年12月 政府・与党申合(着工条件として並行在来線の経営分離などを決定)
平成 3年 8月 軽井沢・長野間認可(フル規格)
平成 3年 9月 軽井沢・長野間着工(フル規格)
平成 4年 7月 新高岡・金沢間環境影響評価
平成 4年 8月 石動・金沢間認可及び着工(スーパー特急方式)
平成 5年 9月 糸魚川・魚津間認可(スーパー特急方式)
平成 5年10月 糸魚川・魚津間着工(スーパー特急方式)
平成 7年 4月 北陸新幹線富山駅整備調整事業認可
平成 7年 5月 北陸新幹線富山駅整備調整事業起工
平成 8年 3月
   〃  
南越・敦賀間環境影響評価実施のための駅・ルート概要公表
小松・南越間の工事実施計画認可申請
平成 8年12月 政府・与党合意(新たな財源スキーム新規着工区間など決定)
平成 9年 5月 全国新幹線鉄道整備法改正(財源スキームの見直し)
平成 9年10月 高崎・長野間開業
平成10年 1月 政府・与党整備新幹線検討委員会検討結果公表(新規着工区間の優先順位の決定など)
平成10年 3月 長野・上越間認可及び着工(フル規格)
平成11年12月 与党合意(長野・南越間を十数年でフル規格で整備することなど)
平成12年12月 政府・与党申合せ(長野・富山間をフル規格で整備し、概ね12年強後の完成を目指すことなど)
平成13年 4月 上越・富山間認可(フル規格)
平成13年 5月 上越・富山間着工(フル規格)
平成14年 1月 南越・敦賀間環境影響評価
平成16年12月 政府・与党申合せによる新たな財源スキーム(既設新幹線譲渡収入の前倒し活用等)及び着工区間の決定(富山・金沢車両基地間、福井駅部等)
平成17年 4月 富山・金沢間(フル規格)、福井駅部認可
平成17年 6月 富山・金沢間(フル規格)、福井駅部着工
平成17年12月 南越・敦賀間の工事実施計画認可申請
平成18年 4月 白山総合車両基地部認可
平成21年 2月 福井駅部完成
平成21年 4月 貨物調整金制度を拡充(対象経費に新たな設備投資に係る資本費を追加)
平成23年12月 政府・与党確認事項(着工5条件を満たしたこと等を確認後、金沢・敦賀の認可・着工を行うことを決定)
平成24年 3月 長野・金沢間の工事実施計画変更認可
平成24年 5月 新黒部駅(仮称)着工
平成24年 6月 金沢・敦賀間認可(フル規格)
平成24年 8月 金沢・敦賀間着工(フル規格)
平成24年 9月 新高岡駅(仮称)着工
JR西日本及びJR東日本が新型車両のデザインを発表<
平成24年11月 富山駅着工
平成25年 6月 新駅の名称が「新高岡」「黒部宇奈月温泉」に決定
平成25年10月 北陸新幹線の列車名が「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」に決定
平成25年12月 鉄道・運輸機構が長野・黒部宇奈月温泉間で列車走行試験を実施
平成26年 5月 富山駅で北陸新幹線長野・金沢間でレール締結式を開催
平成26年 8月 鉄道・運輸機構が長野・金沢間で列車走行試験を実施
JR西日本及びJR東日本が長野・金沢間の開業日及び運行計画概要発表
平成26年12月 JR西日本及びJR東日本が北陸新幹線のダイヤ及び料金を発表
平成27年 1月 政府・与党申合せ(金沢・敦賀間の完成・開業時期の前倒しを決定)
平成27年 3月 長野・金沢間開業、あいの風とやま鉄道開業
平成28年 4月 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム北陸新幹線敦賀・大阪間整備検討委員会による敦賀・大阪間のルートについての中間取りまとめ
平成28年11月 国土交通省が敦賀・大阪間のルート調査結果公表
平成28年12月 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおいて、敦賀・大阪間のルートを小浜京都ルートに決定
平成29年 3月 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおいて、京都・新大阪間のルートが南回りルート(京田辺市・松井山手附近経由)に決定